スペシャリスト育成プログラム第5期 第2回合宿~1日目~

最終更新: 2019年10月1日

2019年9月7日から9日の3日間、一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ(以下、OOL)が、沖縄県の支援と協賛企業の協力を得て実施する「第5期スペシャリスト育成プログラム」第2回合宿をしまんちゅクラブ(沖縄県恩納村)で開催しました。


中間報告となるミニプログラムコンテスト(以下、ミニプロコン)を含む、全3日間のリポートをお届けします!


## アイスブレイク

第1回合宿ではアドバイザー、メンターと参加者が交流するために自己紹介をし合いましたが、今回はチーム対抗で新聞紙タワーを作るゲームを行いました。

高いタワーを作ったチームから翌日のミニプロコンの発表順位を選べるルールとしたため、どのチームも真剣に取り組み、エアコンの影響の有無までこだわる熱い戦いとなりました。



## 講演

体を動かした後は、2つの講演を通して、研究の心得やプレゼンテーション力を高めるための秘訣を学びました。


 一つ目の講演は、メンターでもある大阪大学の猪俣先生より『名ばかりアイデアなんて言わせない研究の仕方-5つの心得』と題して、本プログラムの取り組み方へのヒントだけでなく、学生生活における研究マインドにつながる内容を語ってくださいました。

学生からは、研究の面白さを再確認できたという声や、プロジェクトを進める上でのアドバイスを得られたという、プログラムに本格的に取り組んでいる今の時期だからこそ悩む事柄に、ダイレクトに響いたものとなりました。


 続いて、『あなたの第一印象でプレゼンテーションが大きく変わる~自己プレゼン能力向上に大切なこと』と題して本プログラムの年間サポーターに就任くださった㈱パソナテックの武藤さまより講演をいただきました。

自己プレゼン能力向上に大切なこととして第一印象の重要性を挙げ、講演内では参加者同士のペアワークも組み入れられ、頭で理解するだけでなく身体で実感することを通して、翌日のプレゼンをさらにいいものにしたいとモチベーションを上げるキッカケとなりました。


## チームミーティング1

2つの貴重な講演に耳を傾けた後は、参加者たちはチームごとに集まり、翌日に予定されているミニプロコンに向けての最終準備に取りかかりました。

Copyright © OKINAWA OPEN LABORATORY All Rights Reserved